読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【タイ】1日目 ワット・ポー 

タイ・カンボジアの絶景

 昨年の9月に、初めての一人旅で回ったタイ・カンボジア。いまやインターネットでタイ、バックパッカーと調べるだけでいくらでも現地の情報は手に入り、追体験ができます。それでも、実際に行ってみて感じること、起きた出来事、出会った人たちは、自分だけの一生の思い出です。インドに行く前に、その旅行を振り返りたいと思いますが、少しでも旅の面白さを感じ取ってもらえれば嬉しいです。

 

 出発は、関空からのタイ国際航空でした。

 

f:id:shockeye13:20110911224946j:plain

 

 タイ国際航空は航空会社の満足度ランキング5位に入っているスターアライアンス加盟の、評判の良い航空会社です。

 

f:id:shockeye13:20110912042105j:plain

 

 機内食は普通でしたが、CAの方はとても親切でした。深夜0時にフライトだったため、寝ている間に6時間程度で到着。

 

f:id:shockeye13:20110912065157j:plain

 

 スワンナプーム国際空港です。綺麗な空港でしたが、市内までが西に30km。いろいろな手段はあったのですが、午前5時だったためタクシーで行くことにしました。

バックパッカー初心者だとこのあたりが甘いようですが、エアポートタクシーを信用して乗ったにも関わらず、料金は500B。1Bは約3円だったので1500円。日本の感覚で行けば安いものの、空港4階からメータータクシーに乗れば250Bと後から教えてもらいました。

 

 とにかく、目的地のカオサンロードに到着。

 

 

f:id:shockeye13:20110912153745j:plain

 

 ここはバックパッカーの聖地と呼ばれ、世界中から人が集まる安宿街です。初めてみたときは、これがカオサンロードか!という興奮と、でも思っていたよりかは…という複雑な気持ちでした。とにかく朝が早かったため、お店は開いていない、人はいないでそう感じるのも当たり前ですが。

 

 

f:id:shockeye13:20110912084323j:plain

 

f:id:shockeye13:20110912093707j:plain

 お腹が空いていたので、適当に屋台で朝ご飯。得体のしれないスープに、生のマンゴー、よくわからない炒め物、着いて一時間もしないうちにお腹を壊しました。

恐ろしいのは、公衆トイレが有料であること。お腹が痛くてしょうがないのに、腹巻からお金を取り出すのは苦痛です。

 

 

f:id:shockeye13:20110912105506j:plain

 

 有名なワッタナーさんの10Bラーメン、日本円で30円。とにかく安い、うまい。タイではお腹のことを考えずに、何でもひたすら食べてた記憶があります。

 

 ホテルに荷物を預けてから、カオサン通りの近くにある有名観光スポット、ワット・ポー、ワット・プラケオへ。

 

 

f:id:shockeye13:20110912161531j:plain

 

 タイの仏教寺院はとにかく金、金、金。

 

 

f:id:shockeye13:20110912160831j:plain

 ラマ一世の遺骨が納められているワット・ポーの本堂。ワット・ポーは、アユタヤ時代の創建と伝わるバンコク最古の寺院です。

 

f:id:shockeye13:20110912161911j:plain

 タイ式マッサージを伝えるもの。

 

f:id:shockeye13:20110912162643j:plain

 有名な寝釈迦仏。この姿に、釈迦の悟りの境地、慈愛が感じ取れると言うのですが、

 

f:id:shockeye13:20110912163048j:plain

 

 全長46m。すこしリラックスし過ぎではないでしょうか…

 

f:id:shockeye13:20110912163201j:plain

 

 バラモン教の宇宙観が表現された凄まじい偏平足。

 

f:id:shockeye13:20110912165837j:plain

 続いてワット・プラケオ、王宮です。

 

f:id:shockeye13:20110912165909j:plain

 

 

f:id:shockeye13:20110912171743j:plain

 

 ワット・プラケオは王室専用の寺院で、エメラルド寺院とも呼ばれますが、エメラルド仏は撮影禁止で撮ることができませんでした。

 

f:id:shockeye13:20110912172130j:plain

 ラーマーヤナ神話に登場する鬼(ヤック)と猿神(モック)が交互に台座を支えています。

 

 

 

 ひととおり観光を終えてカオサンロードに戻ると、そこは無国籍地帯へと化していました。

 

f:id:shockeye13:20110912212621j:plain

 

 クラブミュージックが爆音で流れ、大勢の人が行き来するその通りを見て、これからの旅がとても楽しみになったところで一日を終えました。