日本・世界の遺産絶景~旅と写真のブログ~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【カンボジアの絶景】6日目 アンコールワット

  アンコールワット

 

f:id:shockeye13:20110917111446j:plain

 

 タイに入国するのにビザはいりませんが、カンボジアは観光ビザが2000円かかります。

 このアンコールワットは、カンボジアの国旗にも描かれており、この国のまさに象徴です。

 遺跡への入場は、顔写真入りの入場券が別に一日20ドル。これをなくすと、どれだけ言っても遺跡には入れてくれません。

 

f:id:shockeye13:20110917111131j:plain

 

 現地のガイドさんが案内してくれます。

 ガイドさん曰く、「アンコールワットは、1992年に世界遺産に登録されましたクメール建築の最高傑作です。世界遺産に登録されたから、アンコールワットカンボジアのものではありません。世界中のみんなの宝物です。」

  ちなみに、タイの有名人や政治家が、「アンコールワットは自分たちのもの。」と発言して、カンボジアと、よくけんかをしています。

 

f:id:shockeye13:20110917112126j:plain

 

 アンコール遺跡群は、内戦による破壊や略奪により、1992年に世界遺産に登録されると同時に危機遺産に登録されました。しかしその後、日本やフランスの積極的な修復支援が行われ、2004年に危機遺産から解除されています。

 

f:id:shockeye13:20110917120751j:plain

 

 中でも面白いのが、日本からの修復には、政府と上智大学が関わっていることです。遺跡の中に上智大学の名前が入ったプレートがあると聞きましたが、見つけることはできませんでした。現在でも、写真の通り修復作業が進められています。

 

f:id:shockeye13:20110917114957j:plain

 

 遺跡に入るとすぐに、カタコトの日本語を話す子供たちが「1枚、2枚、3枚で1ドル。お兄さん、安いよ~」と寄ってきます。カンボジアの平均月収は、20ドル~30ドル。1ドルは決して安くありません。ひとりでも買っていけば、もうその日の仕事は達成。

 

f:id:shockeye13:20110917120957j:plain

 

 かといって、子供たちが必死におねだりしてくるかといえばそうではなく、もし良かったらちょうだいな、といった感じでした。

 

f:id:shockeye13:20110917143314j:plain

 

 これは僕の感想ですが、カンボジアの子供たちは、思っているよりも貧しい暮らしをしていませんでした。

 ポルポト政権による虐殺で知識層が殺され、確かに高齢者を見る機会はとても少なかった。

 カンボジアの発展が遅れている理由にも、虐殺の影響が少なくないと現地の人は話します。

 それでも、寄ってくる子供たちはみんな元気で、どこか温かいのです。

 この子供たちが、将来のカンボジアを担うのかと思いながら、元気に走り回る姿を見ていました。

 

 

 f:id:shockeye13:20110917143333j:plain