日本・世界の遺産絶景~旅と写真のブログ~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【京都日帰りプラン】 法金剛院の蓮

 法金剛院の蓮

 

 ようやく大学の試験が終わり、夏休みが始まりました。

 今年の夏は、一ヶ月かけてヨーロッパを周ります。タイ国際航空で行くため、最後はバンコクで遊んで帰る予定。実質夏休みが2週間しかなく、やることでいっぱいです。学生生活で、遊べる夏休みは今回が最後になると思うので、遊びつくそうという次第です。

 

f:id:shockeye13:20120728072931j:plain

 

 先週、いとこがモスクワから帰ってきていて、一緒に京都、法金剛院の蓮を見に行きました。

 

f:id:shockeye13:20120728073808j:plain

 

 いろんなお花があって、名前がわかりません。。。

 

f:id:shockeye13:20120728074024j:plain

 

 万博公園の蓮も観に行ったのですが、こっちは池ではなく、壺のようなものに植えられていました。

 僕は18-200のレンズを持って行きましたが、万博公園に24-70mmをもっていき短く、逆に今回は70-200で長すぎるという悲劇が起きていました。

 

 

f:id:shockeye13:20120728075224j:plain

 

 これは睡蓮?のはずです。

 

f:id:shockeye13:20120728075620j:plain

 

 早朝が一番きれいということで、まだ8時前というのに多くの人が集まります。以前の万博はアマチュアカメラマンだらけ。レンズや本体の総額で言うと、2000万は軽く超える、ような機材が揃っていました。

 

 

f:id:shockeye13:20120708064339j:plain

 

 これが前回の蓮。

 

 

f:id:shockeye13:20120708062201j:plain

 

 D3sに300mmを超える望遠。

 撮影旅行のイメージがつかめましたが、ぼくは個人的にパスでした笑

 

f:id:shockeye13:20120728080446j:plain

 

 ヨーロッパに行く前に世界史を勉強しておこうと思い、マクニールの世界史を読んだのですが、複雑すぎて、途中で流れが分からなくなります。そこで、最近でたばかりの「若者のための世界史」という中公文庫からでている小説を読んでいるのですが、これがとてもわかりやすい!

 

f:id:shockeye13:20120728080505j:plain

 

 

 英語と、専門の勉強、世界史をなんとかしてヨーロッパに挑みたいです。

 

 

 


大きな地図で見る