読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ミャンマー】ヤンゴンからマンダレーへの行き方(夜行バス・チケットの買い方)

ミャンマー 東南アジアの絶景

 

f:id:shockeye13:20150219163048j:plain

 チケット売り場

 ヤンゴン中央駅の北にある、アウンサンスタジアム南側に、数多くのバスチケット代理店が並んでいる。スーレーパゴダから歩いて10分ほど。 

 

f:id:shockeye13:20150219162346j:plain

 

  ここで、行き先とバスの種類(VIPや4列シートなど)を告げると、料金を教えてくれる。全席指定の予約制。

 料金は、10000~15000kp

 

f:id:shockeye13:20150219162354j:plain

 バスの種類

  E-liteや、JJ BusMandalar Minn社のバスが快適であると評判。Mandalar Minn社のチケットを予約する。

 これらのバス会社は、内容に特に差がない。バスはSCANIA社製。

 

f:id:shockeye13:20150219232220j:plain

 アウンミンガラー・バスセンター

 バスは、チケットを買った場所とは異なり、市内より北、空港近くのアウンミンガラーバスセンターから出発する。

 チケットには送迎が含まれていないので、バスセンターまではタクシーなどを使って自分で行くことになる。

 スーレーパゴダ周辺からバスセンターまでは、タクシーで1時間程度かかる(7000kp)。

 比較的道が空いているときで1時間だったので、渋滞を考えるともう少し余裕を見ておくべきかも知れない。

 

f:id:shockeye13:20150219233243j:plain

 バスの内装

 東南アジアで夜行バスに乗った経験は何度かあるが、こんなに綺麗なバスは初めて。3列シートにモニターがついていて、ドリンクや軽食も出る。

 宿代の高いミャンマーでは、バックパッカーの移動手段として、外せない選択肢のひとつ。

 

f:id:shockeye13:20150220092045j:plain

 バスを降りるときの注意

 20時頃に出発したバスは、早朝5時30分頃マンダレーに到着。

 ガイドの人にホテルを伝えておくと、降りる場所を教えてくれる。

 バスを降りると、多くのタクシードライバーが待っていて、ホテルへ送ると言われるが、だいたいぼられる。

 ただし、早朝は流しのタクシーも多くないので、交渉次第では乗って良いかもしれない。

 

 マンダレーヤンゴンより緯度が高く、標高も高いため、早朝とても冷える。厚着をしていく必要がある。

 

 予約していたシュリンプホテルは、とても親切で、早朝にもかかわらず部屋に案内してくれた。

 

 

pixta.jp