読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シンガポールからマレーシア】移動方法 (マレー鉄道)

東南アジアの絶景 シンガポールの絶景 マレーシアの絶景 オススメ観光スポット

 シンガポールからジョホールバル

 

 シンガポールからマレーシアへ向かうには、バス、鉄道、飛行機の3つの手段が一般的。時間がなければ飛行機に乗るのが一番。

 今回は、あこがれのマレー鉄道に一度乗ってみたかったので、鉄道の手段を選ぶことにした。

 

 

 シンガポールから電車に乗ることも出来るものの、高速バスで国境(ジョホールバル)を越え、そこから電車に乗ると料金が3分の1くらいで済む。

 

 そこで、まずはブギスにあるバスステーションへと向かった。

 

 

f:id:shockeye13:20130314125006j:plain

 

 ブギスからジョホールバルへのバス 

 

 バスは随時運行されていて、到着して現地でチケットを買うと、すぐにバスが出発した。

 

 料金

 1.4シンガポールドル(120円ほど)

 アジアな値段設定。

 

 所用時間

 国境までが30分

 そこから駅のステーションまで10分

 合計でおよそ40分

 

 

f:id:shockeye13:20130314133035j:plain

 

 国境ではいったんバスを降りて、出国と入国の手続きをする。

 陸路で国境を越えるのはひさしぶり。もっともポイペトに比べるとはるかに洗練された国境である。

 

 シンガポールとマレーシア国間の行き来は、ICチップでタッチするだけという簡易な方法が採られている。

 

 手続きを終えると、ゲートをくぐって再び同じバスへと戻る。

 そして再び10分ほど走ると、ジョホールバルの駅に到着。

 

 

 ジョホールバルは、シンガポールからの手軽な観光地としても有名で、時間があれば廻ってみたかった。

 ここは16世紀末、マラッカ王国の王によって建国された地。

 観光ルートとして、ジョホールバルからマラッカへと向かう事もできるし、その逆も多い。(マラッカ日帰り旅行)

 

 

 

 ジョホールバルからクアラルンプール

 

f:id:shockeye13:20130314134432j:plain

 

 チケットはカウンターで購入。

 

 料金

 ファーストクラスで64マレーシアリンギット(当時およそ1800円。)

 菓子パンと水がついて、充電もできる座席。ファーストかどうか別として快適。

 

 所要時間

 

 およそ6時間

 

 

f:id:shockeye13:20130314144229j:plain

 

 電車はほぼ定刻に出発。

 

f:id:shockeye13:20130314172813j:plain

 

 座席はこんな感じ。

 

f:id:shockeye13:20130314173122j:plain

 

 菓子パン(一例)。

 

f:id:shockeye13:20130314172946j:plain

 

 電車の扉は開いていて、車窓からは自然が多く目に飛び込んでくる。アジアを感じることが出来る時間。

 

f:id:shockeye13:20130314221456j:plain

 

 15時20分に出発して、クアラルンプールセントラルに到着したのが22時10分。

 

 朝ホテルを出たのが10時過ぎだったので、丸1日かけての移動となる。

 飛行機とたいして値段は変わらないにもかかわらず、時間はその何倍もかかる。

 それでも、あくまでマレー鉄道に乗ることが目的であれば、とても満足のいく移動だった。