日本・世界の遺産絶景~旅と写真のブログ~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【京都】おすすめ半日観光プラン(東寺~桂離宮)京の冬の旅編

第51回 京の冬の旅

 

京都では毎年1月~3月頃に、期間限定で、普段は見ることの出来ない文化財が公開される。

 

今回はそんな特別公開のひとつ、東寺の五重塔初層内部と、桂離宮をセットで回るコースを紹介。

 

東寺の行き方

 

東寺は、近鉄の京都駅(JR京都駅に直結)から一駅の東寺駅で下車。改札を出て右へまっすぐ5分ほど。

 

 

f:id:shockeye13:20170203111823j:plain

 

 東寺の五重塔

 日本最大の五重塔として知られる。

 初層と最上層の大きさが変わらない、ことが特徴であり、建築技術の高さを示している。

 こんなアングルから写真を撮ることができるのも、そのおかげ。

 

 

 2017年3月18日まで、普段は入ることの出来ない五重塔の初層へ入ることが出来る。初層内部の見学は、期間限定で毎年行われている。中は写真撮影が出来ない。

 

 

桂離宮への移動

東寺から桂離宮へは、東寺を東門(駐車場のある方)から出て、東寺東門前から七条大宮までバス(OR徒歩)で5分。七条大宮で、京阪京都交通のバスに乗り換えて、桂離宮前まで15分の道のり。

 

 

桂離宮

桂離宮は、昨年から、当日の参観申込みが可能となった。

(仙洞御所や、修学院離宮も、同様。)

 当日参加申し込みが可能なのは、13時半、14時半、15時半からの部で、各20名。

当日受付は、先着順で、当日の11時から。

受付の際には、本人確認が出来るものが必要。

参観は無料。

 

遠方からの場合は、事前にインターネット等で予約をしておいた方が良いかも知れない。また、事前予約であれば、午前の部もある。

 

 

 当日申込みの場合、12時頃に申込みを済ませて、近くでおそばを食べて待つのがオススメ。

ちなみに、参観した当日は、平日金曜日の12時頃で、当日申込みの枠がすべて15名ほど空いていた。

係の方に聞くと、団体が当日に来ることもあるため、空いているかどうかはその日次第だそう。

 

 

隆兵そば

 

f:id:shockeye13:20170203122337j:plain

 

桂離宮からすぐにある、京都で有名なおそば屋さん。

昼・夜ともに、完全予約制であるが、空きがあれば当日予約も可能。

 

 

桂離宮

f:id:shockeye13:20170203140045j:plain

 

桂離宮では、宮内庁の職員の方の先導で、約1時間、庭園を見学することができる。

 

庭園は、とても立派で、本当にオススメ

受付制のため、観光客が多くてゆっくり庭を見れないと言うこともない。

職員の方は、とても親切に庭を案内していただける。

また、外国人向けには、音声ガイドを無料で貸し出していた。

 

 

f:id:shockeye13:20170203141941j:plain

 

 

帰りは、桂離宮から京都駅まで、市バスや京阪バスが数本出ている。

上記のプランで、東寺を10時にスタートしたとしても、JR京都駅に15時頃に帰ってくることが可能なので、その後さらに東山の方へ足を伸ばすことも十分可能だと思う。