日本・世界の遺産絶景~旅と写真のブログ~

Asia

【ヤンゴンの絶景】インレー湖

オススメ度 ★★★☆☆ アクセス ★★☆☆☆ ヤンゴンからインレー湖まで、日帰りは難しい。 片足漕ぎでの漁が有名。 とてものどか。 ヤンゴンの喧騒と、パゴダに飽きた人向け。 水上には村がある。 途中、ボートにおじさんが突然乗ってきた。

【台湾の絶景】象山

オススメ度 ★★★★☆ アクセス ★★★☆☆ 場所 台北 所要時間 2時間半 アクセス MRT象山駅から全力で走ると20分、歩くと50分 台北101の撮影場所によく使われている。 特に夕焼けがきれい。 遊歩道を歩いて上るのが少し大変。

【ミャンマー】ヤンゴンからマンダレーへの行き方(夜行バス・チケットの買い方)

チケット売り場 ヤンゴン中央駅の北にある、アウンサンスタジアム南側に、数多くのバスチケット代理店が並んでいる。スーレーパゴダから歩いて10分ほど。 ここで、行き先とバスの種類(VIPや4列シートなど)を告げると、料金を教えてくれる。全席指定の予約制…

【ミャンマー】ヤンゴンの「オススメ・有名レストラン」

1.999Shan Noodle Shop スーレーパゴダの北東、すぐ近くにあるお店。 安くておいしいシャンヌードルが食べられる。1200ks。 地元で人気のお店、観光客も多い。オススメ!! 2.Green Gallery タイカレーのお店。ここもバックパッカーの間で有名。 …

ミャンマー(海外でSIMカードを買う方法・設定)

2015年3月、卒業旅行で、ミャンマを訪れた。 2011年以降、民主化が進み、現在、アジア最後のフロンティアと呼ばれるミャンマー。 海外を旅していると、どこの都市でも似たような印象を受けた。アスファルトで舗装された道路に、コンビニやスーパーが建ち並び…

【オススメ・決定版!】海外旅行で便利な荷物・持ち物リスト(アプリ一覧付き)

旅行で必要な荷物、あると便利なアイテムのまとめリストです。随時更新中。 持ち物編 ・スーツケース→鞄は宿に預けて観光するので、バックパックでなくても問題ない。 航空会社の受託手荷物の制限が、3辺を合わせて158cm以内という場合が多い。普段は、94Lの…

【クアラルンプール】バトゥ洞窟~KLから日帰りで行ける絶景観光地~

バトゥ洞窟 ここはマレーシアの北10㎞にあるヒンドゥー教徒の聖地。 前日晩ご飯を食べているときに、となりのスウェーデン人夫婦からオススメされたところ。クアラルンプールから日帰りでいける観光地である。 バトゥー洞窟への行き方 KMTクアラルンプール駅…

【マレーシア】ハラル認証とイスラム市場

イスラム教徒 最近、ビザの緩和によって東南アジアからの観光客を良く目にする。 東南アジアの中でもマレーシア、インドネシア、ブルネイといった国はイスラム教国として知られる。 例えばマレーシアでは、人口の6割がマレー系であり、その多くがイスラム教…

【マレーシア】ムルデカスクエア

ムルデカスクエア マレーシアの中心にある独立広場。 最寄り駅はLRTマスジット・ジャメ。 日中はタクシーもすんなりメーターを使ってくれるので、一駅分であれば200円ほどで移動できる。 ここは1957年に、イギリスからの独立を宣言した場所。 広場には、高さ…

【クアラルンプール】バックパッカーのオススメ節約術

クアラルンプールの安宿街 クアラルンプールにはチャイナタウンとブギッビンタンという2つの代表的な安宿街が存在する。 旅の初めはブギッビンタン(→クアラルンプールの安宿街)に泊まったので、最後はチャイナタウンの近くに宿をとった。 安宿のとり方 海外…

【シンガポールからマレーシア】移動方法 (マレー鉄道)

シンガポールからマレーシアへの移動方法。 ブギスからジョホールバルへのツーリストバスと、ジョホールバルからクアラルンプールセントラルへのマレー鉄道の旅を紹介。

【シンガポール】オススメ! 1日弾丸観光プラン

一日で行くことができる、シンガポールの定番観光スポットを紹介。 マーライオン公園から、アラブストリートやリトルインディア、オーチャード通りを回ってチャイナタウンへと帰ってくるルート。 シンガポールの定番観光地を網羅したい時間のない人にオスス…

【シンガポール】ホーチミンからシンガポールへの行きかた

ホーチミンからシンガポール ホーチミンからシンガポールへは、いくつかの航空会社が運行していて、その本数も2時間に一本程度と、かなり便利である。 Jet Star 今回の移動で使ったのはJet Star。Jet Star自体は初めてだったが、LCCはこれまでに色々と乗って…

【ホーチミン】ブラックキャットのハンバーガー

ブラックキャットのハンバーガー フライトの時間まで、時間つぶし。 ベトナム最後の料理はハンバーガー。 物価はベトナムではやや高め。量が多くておいしい。 ブラックキャットは、ホーチミンで有名なお店。ガイドブックにもよく載っている。 ホーチミンで一…

【ホーチミン】クチトンネルと、ベトナム戦争の40年後

クチトンネル クチトンネルは、南ベトナム解放民族戦線によって作られた地下ネットワーク。 その長さはなんと全長200キロにも及ぶ。 ホーチミンからバスでおよそ1時間のところに、その一部を見ることが出来る観光地がある。 クチトンネルには無数のトラップ…

【ベトナムの絶景】 ホーチミンの夜景~サイゴンスカイデッキ~

サイゴンスカイデッキ ホーチミンでひときわ目立つ高層ビル。 高さ265メートルのビテクスコ・フィナンシャルタワーである。 2010年に完成したこのビルは、ベトナムの著しい経済成長を表すシンボルタワーであるとともに、ホーチミンの顔でもある。 49階の展望…

【ベトナムの絶景】メコン川クルーズ

TNKトラベル この日は、TNKトラベルで予約したメコン川ツアーへ。 ここはホーチミンの有名な旅行会社。ツアー会社は、ブイビエン通りにたくさん並んでいたが、交渉も面倒だったので迷わずTNKを選び、5分で予約を済ませた。 旅も後半になると、ずいぶんと交渉…

【ベトナム】統一会堂~ベトナム戦争終結の場所~

統一会堂 ホーチミンにあるこの施設は、南ベトナムの大統領府として使われた。 1975年4月30日、下の写真に見える門から北ベトナム解放軍の戦車が無血入城し、ベトナム戦争は終わりを告げる。 そのTー54戦車もここに展示されている。 中には、応接室や大統領執…

【ベトナム】ハノイからホーチミンへの移動(LCC)

ハノイからホーチミンへの行き方 朝9時のフライトで、ハノイからホーチミンへ移動する。 Viet Jet フライトはベトナムのLCCであるViet Jet。 料金 5600円 (ただし、購入サイトの価格はドン表示で、全体的にも分かりにくかった。) フライト時間 およそ2時間 …

【ベトナム】ホーチミンの家

ホーチミンの家。 ホーチミン廟とセットでいく観光客が多い。 特にこれといって感動するものもなかったが、ホーチミンの質素な暮らしがうかがえた。 ホアンキエム湖(ハノイの中心にある有名な湖)の近くに、行列の出来るアイスクリーム屋さんがあった。 気に…

【ベトナム】軍事歴史博物館

軍事歴史博物館(ハノイ) 正面玄関で、ミグ戦闘機がお出迎え。 ここ、軍事歴史博物館は、ホーチミン廟から徒歩10分~15分のところにある。 中では、実際にベトナム戦争で使われた戦闘機や兵器が、多く展示されている。 あまり兵器等には詳しくないものの、興…

【ベトナム】タンロン遺跡

ハノイの世界遺産 タンロン遺跡は、ハノイにある世界遺産で、2010年に登録されている。ホーチミン廟から歩いて10分ほどのところにある。タンロンはハノイの旧称であり、昇龍と書く。 遺跡は細長い。 そして、世界遺産という雰囲気がない。 これまで数多くの…

【ベトナム】ホーチミン廟

ホーチミン廟 今回の旅行で、最も後悔しているのが、ホーチミン廟の中を見学できなかったことだ。 ホーチミン廟は、見学時間が決まっていて、朝の7時30分から10時30分までに受付をしなければならない。 旅先ではたいてい朝早くに起きることができるものの、…

【ベトナムの絶景】ハロン湾2

特徴的な奇岩は、それぞれに名前がつけられている。 格安プランでハロン湾へ行っても、最低限これくらいの岩は見せてくれる。 ティーポット 鶏頭島 言われてみれば、といった感じ。 ちなみに、船が出発してしばらくすると、デッキに上がることができ、まわり…

【ベトナムの絶景】シンカフェで行く、ハロン湾日帰りツアー

ベトナム1位の絶景、ハロン湾。 ハノイからバスで3時間、日帰りでもいける世界遺産。クルーズや奇岩、絶景を紹介。

【ハノイの晩ご飯】ブンボーナンボー

ブンボーナンボー 交渉を済ませて時計をみると、すでに21時前だった。 ホテルでチェックインを済ませて、近くでオススメの店を教えてもらった。 これはブンボーナンボーというベトナム料理のお店。 米でできた麺に、野菜やナッツ、肉、それにタレを混ぜて食…

【ハノイのツアー会社】 シンカフェトラベルでの、ハロン湾ツアー予約方法

空港からハノイ市内(旧市街)への行き方 ハノイの空港から市内に出るのに、一番メジャーな方法は乗り合いバスだろう。 出口のゲートをくぐると、前の道路にいくつかのバスがとまっている。選択肢はあるようであまりない。どこのバスに乗っても、だいたい旧市…

【ラオス】ルアンパバーンからハノイへの行き方

ラオスからベトナム 居心地のよかったラオスともお別れ。空港に送ってくれた運転手もとても良い人だった。 空港まではツゥクトゥクで30分ほど。 この空港、売店が建物の向かいに一応はあるものの、クレジットカードが使えない。ぼくは空港に着くまでに、kip…

【ラオスの絶景】プーシーの丘

ルアンパバーンの町並み 王宮博物館の前に、プーシーの丘へと登ることの出来る道がある。 プーシーの丘は150m程の高さで、300段ちょっとの階段を登らなくてはならない。 15分ほどかけて丘の上にたどりつくと、ルアンパバーンの町を一望することができる。反…

【ラオス】ルアンパバーンのナイトマーケット

ルアンパバーンで臣やけを買うならここナイトマーケット。安くてかわいい小物が揃っています。お店の人も愛想が良くて、値段交渉も楽しい。

【ルアンパバーンの朝ご飯】カオピヤック

ルアンパバーンの朝食 「ここのお店はルアンパバーンで一番おいしいカオピヤックです。」 店の看板には、そう日本語で書いてあった。 ビエンチャンから夜行バスで到着したのが早朝だったため、朝ご飯をどこで食べるかがまず問題となった。予約していたゲストハ…

【ラオスの絶景】ルアンパバーン観光~托鉢~

ルアンパバーンの托鉢 ルアンパバーンの風物詩ともいえる托鉢。善し悪しは別として、ゲストハウスの人からは、施しをしてみないかとすすめられた。 施しをする人の多くは観光客で、その前に大勢の観光客がカメラを構えていた。 日本人のおじいちゃんが、この…

【ラオスの絶景】メコン川の夕日

メコン川の夕陽 メコン川は7カ国を流れ、全長が4000kmに及ぶ。 学校で、文明の発達するところに、水は不可欠であると習った。 これまで行ったほぼすべての都市において、近くに川や海のないところはなかった。観光地の写真を見返すと、たしかに水面が多く写…

【ラオス】タートクアンシーの滝~ルアンパバーンの絶景~

タートクアンシーの滝への行き方 ルアンパバーンから原付を借りて、3~40分。乗り合いのトゥクトゥクでいくこともできる。 水着を持っていかないと後悔する。 ルアンパバーンにいくときは是非とも行くべきところ。 ここの滝と、托鉢はルアンパバーンで外せな…

【ラオス】 ビエンチャンからルアンパバーンへの行き方(夜行バス)

ビエンチャンからルアンパバーンへのバス移動の方法、チケットの買い方、値段、時間等

【ラオスの絶景】バックパッカー向け!ビエンチャンのおすすめ情報

「LCC専用ターミナル」 クアラルンプールから飛行機で1時間30分。Air Asiaでわずか5000円のフライトでラオスに行くことができる。日本からのツアーはあまり見かけないが、ぼくは、この国をいろんな人におすすめしている。 早朝5時30分、空港に着くと、すでに多…

【マレーシアの絶景】 マラッカ日帰り旅行 

3月のあたまから2週間ほどかけて、マレーシア~ラオス~ベトナム~シンガポールを周遊しました。 Air Asia エアアジアのようなLCCは、ネット予約が基本で、フレックストラベラーのような制度もないため、リコンファームは不要のようです。 飛行機は満席でし…

【東南アジア旅行】 荷物  

【荷物リスト】 ◎メインバック→ EagleCreek ツイスト45l(キャリー付きザック) ◎サブバッグ→ LOWPRO カメラ用バッグ ◎カメラ→ NIKON D600(28-300) ◎持ち物 ・パスポート、クレジットカード ・財布、マネーベルト(地球の歩き方) ・半袖シャツ2枚・長袖1枚・…