日本・世界の遺産絶景~旅と写真のブログ~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【タイ】11日目 帰国日

Thailand・Cambodia

 

 帰国前日の夜。

 

f:id:shockeye13:20110920023958j:plain

 

 僕はタイでとてもお世話になった友人がいます。帰国前の夜、彼の仕事が終わってからふたりでラマ8世橋の下に行き、話をしました。

 

f:id:shockeye13:20110920025139j:plain

 

 彼は僕に、文化の壁を超えることの難しさを語ってくれました。

 日本人の内向的な性格や、英語能力の低さについても。

 今思うと、たしかに話していたとおりかも知れません。

 

 僕が帰国してから1ヶ月ぐらいで、タイは大規模な洪水の被害にあい、ちょうど彼の家族がアユタヤに住んでいたことを思い出して、僕は電話をかけました。

 電話に出た彼は、陽気な本人とは別人のような声で、また状況をメールするとだけ答えました。

 

 それから僕に届いたメールは「実家が床下30cmのところまで浸水している。これ以上被害が深刻になれば、僕は両親を助けに行く」

 「アユタヤへの道は冠水していて、両親のもとへ行くことができなかった」

 といった、現地の状況を生々しく伝え、聞いていて僕自身もつらくなるものでした。

 

 幸い彼の家族は無事でしたが、その被害は尋常でないと話します。

 

 今思えば、彼は僕のことを大切な友達といってくれましたが、僕は彼になにもすることができませんでした。

 

 

f:id:shockeye13:20110921112802j:plain

 

 

 翌日、彼が空港まで送ってくれて、僕たちは必ずまた会う約束をしました。

 出国ゲートをくぐる直前、彼は僕に「Friend never die.」と言い残しました。

 僕は、これはいい言葉だなと思いました。